今、レジーナクリニックという脱毛専門クリニックが注目を集めています。

「医療脱毛なのに安い!!通っても大丈夫!?」
「怪しい…何か裏がありそう…」

と不安を感じている人もいるでしょう。

当記事では脱毛体験者の意見を元に、なぜ医療用脱毛の全身脱毛5回コースが破格の安さで受けられるのかを徹底検証しました。

のちのち後悔しないためにも、レジーナクリニックはどんなクリニックなのか詳しく知っておきましょう。

レジーナクリニックってどんなクリニック?

レジーナクリニックは2017年3月に大阪院を開院、4月のは銀座院を開院した新しい脱毛クリニックです。

レジーナクリニックの母体となっているのは、キレイサローネというエステティックサロンで、すでに日本全国で知られています。

キレイサローネは、痩身を中心とした脱毛エステを展開していますが、このたびクリニックとして医療用脱毛の分野にも進出しました。

「美しさを手に入れたい」

というお客様を気持ちを満たすためにエステで培ってきたノウハウをクリニックに生かしていくと思われます。

できたばかりのクリニックだと、いろいろちょっと不安…と思ってしまう方もレジーナクリニックなら安心ですね。

2017年5月頃は大阪院と銀座院の2院だけだったのですが、2018年7月現在、大都市を中心に、以下のように11店舗も展開するまでに拡大しています。

  • 札幌院
  • 池袋院
  • 新宿院
  • 表参道院
  • 渋谷院
  • 銀座五丁目院
  • 名古屋院
  • 心斎橋院
  • 大阪梅田院
  • 大阪梅田東院
  • 福岡院

他社脱毛クリニックに並んで大手の1つとなってきているのです。

大注目の全身脱毛コース

レジーナクリニックの最大の目玉は「全身脱毛19万8000円(税抜き)」というスペシャルコースです。これはレジーナクリニックがOPEN記念で展開しているキャンペーンで、大阪院と銀座院のいずれでも利用できます。

全身26部位の全身脱毛を計5回行なってくれるというものなのですが、これがどれほどお得なセールなのかは、他社脱毛クリニックの全身脱毛価格と比較すると一目瞭然です。さっそく比較してみましょう。

たとえば医療用脱毛大手の湘南美容外科では、全身脱毛のコースが45万5370円(計6回)となっています。一見とても高額に思えますが、これがクリニックで全身脱毛を受ける平均的な値段です。徹底的に全身脱毛するのであれば100万円以上の費用が必要というクリニックもあります。

このように見ていくと、全身の医療用永久脱毛を19万8000円で受けられるというのは、きわめてお得であることが分かります。お得であるとは言っても、一般的に働いている女性には19万8000円という価格は一度に払える価格ではありません。しかしレジーナクリニックは医療機関なので、医療用ローンが使用できます

医療用ローンが適用されれば月々の支払額はわずか6800円(36回払い)となります。月々の負担がこれくらいなら、一般的に働いている女性だけでなく、アルバイトをしている大学生なども利用しやすいでしょう。若いうちに全身脱毛をしていれば、残りの人生のわずらわしい剃毛から解放されます。

年齢を重ねてもずっときれいな肌でいたい人、30代40代になって自分磨きに力を入れたい人などは注目のキャンペーンとなっています。このキャンペーンの注目ポイントはお得なお値段だけではありません。最新医療用脱毛器が利用できるのもポイントです。

最先端の2つの脱毛機器

レジーナクリニックは2017年に開業したばかりの脱毛クリニックで、最新式の2つのレーザー脱毛器を導入しています。どれほどすばらしい脱毛器なのか見てみましょう。

ジェントルレーズプロ(GentleLase Pro)

メイン脱毛器となっているのはジェントルレーズプロというアメリカ製の最新型脱毛器です。この脱毛器がすばらしい理由は「皮膚、形成外科領域での日本初の薬事承認を得た医療機器レーザー」であるためです。では薬事承認とはどういうことでしょうか?

簡単に言うと、厚生省が「医療用機器として高い安全性と性能を保持していると承認した機器」ということです。いままでもジェントルレーズシリーズの脱毛器は日本にありましたが、薬事承認までは得ていませんでした。つまり、他社脱毛クリニックでいままで採用されてきた脱毛器は、薬事承認を得ていない脱毛器なのです。

ジェントルレーズプロは、なぜこのたび高い安全性と機能性が認められたのでしょう。
名称の最後に""プロ""という言葉がついている点にヒントが隠されています。プロがついていないジェントルレーズ脱毛器は、レーザー放射時のパルス幅の変化ができず、個々の肌の状況に合わせて脱毛するのが困難でした。

プロがついているジェントルレーズシリーズの脱毛器はパルス幅を変更して、レーザー照射の強さや深さを調整できます。さらに、この脱毛器は、レーザー照射時にマイナス26度の冷却ガスを同時放射できます。なので、放射箇所のやけどを避けることができ今までのものより安全です。医療用脱毛のネックとなっていた熱さに伴う痛みも感じにくいというメリットもあります。さらに脱毛後に冷却ジェルを塗ることも必要ないので、脱毛施術に時間が取られません。安全性と脱毛効果が高く、なおかつ短時間で施術できるレーザー脱毛器というわけです。

ソプラノアイスプラチナム

2つ目のレジーナクリニックが導入している脱毛器は、ソプラノアイスプラチナムです。とても安全な脱毛器で、色が濃い肌の人も脱毛できるのが特徴です。ポイントとなるのが脱毛器の名称に含まれている""アイス""という言葉で、この脱毛器で放射したときには、パチンという熱さを感じることがありません。

このソプラノアイスプラチナムは通常のレーザー脱毛と脱毛方法が若干異なるからです。通常のレーザー脱毛は、メラニン色素に働きかけて、毛根を焼失させる方法を取ります。しかし、この通常レーザー脱毛を皮膚が黒い人に施術してしまうと、皮膚の中にあるメラニン色素も熱せられて強い痛みを感じます。

また、熱いと感じるだけではなくシミの原因となってしまうこともあります。美しくなるために脱毛に来ているのにシミができては本末転倒でしょう。ソプラノアイスプラチナムはメラニンを焼失させる方法ではなく、毛根の周辺組織である毛包をじっくり温めるという方法を取っています。長めの波長の光線を毛包に何度か連続で照射します。すると毛包が蓄熱されてその内部の毛根組織が死滅するのです。メインのジェントルレーズプロと比べると脱毛効果は落ちますが、皮膚の色が濃い人でも、安全かつ確実に脱毛できます

全身脱毛以外の注目ポイント


カウンセリング料、体験テスト照射料、剃毛料、ケアクリーム費用、初診料や再診料、予約キャンセル費用、肌トラブル発生時の処置費用など

安全で効果の高い脱毛機器を使って全身脱毛ができるレジーナクリニックですが、さらに注目すべきポイントとして「脱毛料金以外にかかる費用が無料である」ことがあげられます。多くの脱毛クリニックでは「脱毛料金」以外に、次の名目で追加費用を請求されることがあります。

これらの費用は脱毛料金とは別途に請求され、毎回5000円~1万円ほどかかります。ですがレジーナクリニックではこれらの余分な費用はすべて無料で、脱毛料金にすべて含まれています。自分の肌の状況の相談もお金の心配なくできますし、万が一肌トラブルが生じたときも、不必要な心配をせずに治療を受けられるというわけです。

「ここの脱毛クリニック(脱毛サロン)は安い」と思って契約してみると、思わぬ落とし穴に苦しむことがあります。脱毛の契約以外のさまざまな名目で余分の費用を取られてしまうのです。一般的な脱毛クリニックでは脱毛料金以外の項目で5つ、トラブル発生時にはさらに5つの余分な料金が取られてしまいます。

いざお金を払う段階になって「あれっ?」なんてことにならないためにも、脱毛にかかる本当の費用をを知っておきましょう。最後に取り上げますが、今から取り上げる余分の費用はレジーナクリニックでは一切かかりません。

通常かかってしまう余分の費用

脱毛クリニックに行く上で忘れてはいけないのは、そこは病院であるということです。病気になって病院に行くと、診察料、薬代、検査代などさまざまな名目の費用が掛かります。同じように脱毛クリニックにいくと脱毛料金以外に下記の5つの費用が掛かることがあります。

初診料

脱毛クリニックは病院ですから、通常初診料が掛かってしまいます。医者に脱毛部位の肌の状況を診てもらう必要があるためです。クリニックでの初診料は3000~5000円が平均的な料金です。脱毛料金をとっても安くしているクリニックでもこの初診料はしっかり取るところがほとんどです。

再診料

初診料に関しては、脱毛を始める前にお医者さんに皮膚の状態を診断してもらう必要があるので仕方ないと思っていると、2回目以降は再診料という名目で料金を取られます・脱毛に行くたびに毎回、「では脱毛前に先生に脱毛箇所の診察を受けることになります」などと言われて、医師が1分ほど脱毛箇所を診てOKを出して去っていきます。

精算時には毎回再診料として3150円取られ、これが経済的な負担になることもあるようです。

剃毛料

これも見落としがちな余分な費用です。脱毛前には脱毛箇所を家で剃ってくる必要があるのですが、剃り残しがある場合は余分な料金が掛かります。

あるクリニックなどは「うなじや背中などご自身での剃毛が難しい箇所は当院におまかせいただければ大丈夫です。(当院では剃毛1部位につき2000円を頂いております)」などと親切に書かれていますが、結局、自分で剃毛できない箇所は余分な費用を取られるという意味です。

アフタークリーム代

医療用脱毛はパワーが強いので、脱毛箇所の皮膚が荒れてしまわないように、アフタークリームを塗ることも多いようです。クリニック内でスタッフに塗ってもらった場合は1000円、自分で塗るように指示される場合もありますが、その場合はアフタークリーム購入となり、3000~5000円の余分の費用がかかります。

テスト照射

地味にお金がかかってしまうのがテスト照射代です。脱毛サロン・クリニックにおいて自分の肌に脱毛器が合うかどうか確認するために、希望すればテスト照射が受けられます。しかしテスト照射代として500円ほど請求されるのが一般的です。

問題発生時にかかってしまう料金

問題なく脱毛施術が進んでいる場合でも上記の余分な費用が掛かりますが、問題が生じると更なる費用が生じることも少なくありません。どんな問題が起きたときに、どんな更なる料金が掛かってしまうのでしょうか?

割増料金

これは身体が普通の方よりも大きい方が掛かる費用です。脱毛する必要がある範囲が広いともちろん時間が掛かります。小さな背中の方もいれば、その倍ほどある大きな背中の方もいるでしょう。サロンやクリニックによっては脱毛箇所が大きさに合わせて1~3割増の料金を請求するところがあります。

たった1割増しといっても、30万円コースなら3万円も余分に払うということになります。身体の大きい方は事前に確認しておくほうがよいでしょう。

トラブル発生時の処置料金

レーザー放射後に、肌が荒れてしまったり、普通以上に赤くなるなどの皮膚トラブルは脱毛につきものです。クリニックの場合、トラブル発生の時には医師が処置をしてくれるので安心ですが。医療行為になるので処置料として2160円取られてしまうのが一般的です。

トラブル発生時の治療薬代

トラブル発生の肌には医者による処置料金以外に、医療薬のお金を要求されることも少なくありません。治療薬は安いもので1000円、高いものだと5000円程度になるでしょう。

予約キャンセル料

予約キャンセルは脱毛を受ける人に問題が生じるケースですが、通常キャンセル料が掛かってしまいます。3日前までは無料でも、前々日にキャンセルを入れると1万円、または半額分の料金が取られるのが一般的です。

追加照射

脱毛状況に問題があったときは追加照射が必要なときがあります。通常指定の回数の脱毛が終わって追加照射が必要なときは、新たな脱毛コースを申し込むか、1回単位で追加脱毛を申し込む必要があるでしょう。もちろん何万何十万という追加料金が必要なことになります。

レジーナクリニックではすべてが無料

レジーナクリニックでは上記で述べた合計10つの余分な料金がすべて無料です。もともとの脱毛料金の中に盛り込んでいるというわけです。毎回いくらの余分の費用を請求されるのだろうかと心配しなくて済むでしょう。

ただし当日キャンセルに関しては、すでにクリニック側が事前に時間と人を割いているので、1回分の料金を取られることになっています。しかし前日キャンセルまでは無料です。どこで脱毛しようか決めるときにこの余分な費用を考慮に入れるのはとても重要ですよね。

いつ終わるか分からない全身脱毛キャンペーン

このようにレジーナクリニックは「全ての費用を脱毛料金に含ませる」という制度を取っているので、キャンペーンの全身脱毛コース以外は、他のクリニックの料金より高めの設定となっています。こうした点を考えると「全身脱毛が19万8000円で、しかも余分な費用はかからない」という全身脱毛へのこだわりが見えますね。

OPEN記念キャンペーンはいつ終わるか分かりません。終わってしまわないうちに足を運ぶとよいでしょう。

更新日:

Copyright© レジーナクリニックガイド完全版 , 2018 All Rights Reserved.